人気がある診療科目とその仕事内容

人気の女性のお仕事情報-看護師編

男性から見て人気の職業である看護師を徹底紹介

人気の女性のお仕事情報-看護師編

診療科目によって違うお仕事内容

診療科目によって違うお仕事内容

知っているようで知らない「看護師のお仕事」ですが、診療科目によって、まったく違うようです。ここでは、出産に関われる産婦人科や患者さんとじっくり向き合える内科、心身のケアが大切な外科、子供の笑顔がカワイイ小児科などについて、その仕事内容ややりがい、メリットやデメリットなどを詳しくご説明します。看護師を目指している人も現在の職場から転職を考えている人も、それぞれの仕事内容を知ることで今後の参考にしてくださいね。

大人気!出産に関われる産婦人科

看護師の職場として大人気なのが産婦人科です。なんといっても、出産という感動の場面に立ち会えることができることが大きいようです。また、子供が好きで、子供の相手をしたり、お世話をしたりすることが好きな人にも大人気のようです。そんな産婦人科に転職したいと考えている看護師も多いことでしょう。そこで一般科目とは異なる産婦人科のメリット、デメリットをご紹介します。転職に失敗しないためによく把握しておきましょう。

内科は患者と退院まで向き合える

看護師が転職をしたいと望む職場の一つに患者さんとじっくり退院まで向き合うことのできる内科があげられます。病院で言うところの急性期から慢性期、退院して在宅ケアへ至るまでトータルに看護できることが大きな特徴です。内科には循環器内科、神経内科、消化器内科、呼吸器内科など細かく分類されている場合もありますが、ここでは「一般内科」など内科全般についてご紹介したいとおもいます。内科の特徴や業務内容、メリットやデメリットなど、転職に失敗しないためによく把握しておきましょう。

家族の心身のケアが大事!外科看護師

病院内での花形部署といえば外科でしょう。そのため、外科に憧れる看護師も多いようです。外科には脳外科、心臓外科、整形外科、消化器外科など、いろいろな診療科目がありますが、ここでは外科全般、「一般外科」についてご紹介したいとおもいます。外科で働く看護師には必要なスキルがいろいろありますので、しっかりとチェックしておきましょう。また、外科の特徴や業務内容、外科の看護師の役割など、転職に失敗しないためによく把握しておきましょう。

小児科のやりがいは子どもの笑顔

産婦人科に負けないくらいに人気があるのが小児科でしょう。子どもが大好きという理由で、小児科に勤務できる病院に転職したいと考えている看護師は多いようです。ただ、人気がある一方で、小児科はいろいろと大変な部分がある職場だと聞いて敬遠する看護師も少なくありません。実際に小児科で働いた場合のやりがいや苦労、メリットやデメリットなどを事前に知っておきたいですね。ここでは小児科の特徴や業務内容などをご紹介したいとおもいます。